番外2 鳥捕山 1271M 上松(木曽須原) 山系・井出小路山>西股山 2019.7.15.

1998.11.8.、風越山から鳥捕山。右が肥沢。IMG_20190717_0002.jpg



起点(川戸渡沢橋北詰北約180mの旧道跡)・822>855・堰堤>1008・1010mコブ・1014>1050・1164P・1054>1125・1220mの尾根分岐(1109P分岐)・1128>1145・鳥捕山1271P・1239>1309・1164P・1313>1330・1010mコブ>1408・堰堤>1423・起点
IMG_20190717_0001.jpg



 鳥捕山は、木曽川を挟んで糸瀬山の北西に位置し、かつて山中の鞍部で網を掛けて鳥を捕ったことからこの名がある。山容は大抵どこから眺めても尖峰で美しいが、植林がかなり進んだ山である。
 この山に登るのも、これが三度目。したがって山番号は、番外2。初回は、和村から源田畑林道を使い、ゲートから1044P,1230Pと経由。二度目は、北麓の肥沢から3等長尾1310.1M,1245P,1109Pと周回。いずれのルートも、中央アルプスの展望抜群であったが、今回は、展望望み薄の梅雨真っ只中、東麓の諸原から1164P経由で尾根を往復した。
 起点は、諸原集落を南北に分ける川戸渡(かわとり)沢に架かる新しい橋(K508木曽川右岸林道)の北詰北約180mの旧道跡。道中、気を揉ませた雨も、上がっていた。
 川戸渡沢橋南詰南10m足らずの所からチェーンを跨いで廃林道に入り、南へ、南西へと登ると、やがて藪の中で地図のとおり、終点となった。南へずり下ると、遺構のような堰堤上流側で谷身に出たが、上流は苔生した大岩、小岩犇めく、鬱蒼とした自然林。一帯は、どうやら国有林のようであった。
 ここは巻き登って右岸の尾根に乗ると、予想だにしなかった美しい尾根で、所々で林床を小笹が多い、また所々で大岩、小岩が点在し、ミズナラ、ツガ、ヒノキ、コウヤマキ等々、大木の疎林。特に860m辺りは、垂涎のスポットであった。梢の向こうに青空が広がり始めると、重苦しかった空気も霧散し、突然立ち込める霧も、幻想的。
 1010mコブには、古い文字で国有林の「区画班界」。中急登となると、1115m地点にミズナラの巨木があって、傍らに無線機の落とし物「エクスプローラー ET-20」。これは、そのままそこに置いていくことにした。
 凄い根返しの巨木脇を通ってゆるゆると登ると、北側が崩落していて少し展望が得られた。この崖が終ると、ヒカゲツツジ、ヒメコマツ等の稚樹、イワカガミが群落して林床を覆い、ヒノキ大木林立する台地となると、そこが1164Pであった。足元で対になって可憐に咲く花は、ツルアリドオシ。
 コウヤマキ大木林立する中、西へ下ると、どこからともなく踏み跡が現れ、急な斜面を左山でへつって鞍部に出ると、大岩、小岩犇めく尾根線を避けて右山で巻き登り、尾根に戻った。やがて1220mの棚で川戸渡沢源頭となると、1109Pの尾根が北から出合い、向こう側が肥沢流域となった。
 ここは左に入って南西へ棚状となると、1250m辺りから踏みしめる程度の小笹が林床を覆い、根返しの古い倒木脇を通り、北から小尾根が出合う1260mコブを西へ越すと、南側が素敵な小笹の広場となった、鳥捕山頂1271Pとなった。北側に滑らかな小岩が剥き出していて、ここで昼食。北東、梢のスポットに滑川流域の集落が望まれたが、木曽駒連峰には雲が降りていた。


IMG_1523.JPG
川戸渡沢出合辺りの木曽川に架かる吊り橋。

IMG_1533.JPG
廃林道を行く。

遺構のような堰堤上流に出る。IMG_1536.JPG


対岸(右岸)へ。IMG_1539.JPG


尾根に取り付いて登る。IMG_1546.JPG


曲った倒木。IMG_1550.JPG


小笹の林床にツガ大木の疎林を行く。IMG_1559.JPG


同上。IMG_1561.JPG


根で岩を抱くツガ大木。IMG_1564.JPG


踏みしめるような小笹の林床の自然林を行く。IMG_1568.JPG


折れた倒木も。IMG_1569.JPG


もの凄い根の張り出し。IMG_1571.JPG


美しい自然林を行く。IMG_1573.JPG


ヒノキの巨木も。IMG_1576.JPG


台地状の1164P。イワカガミ、ヒカゲツツジ稚樹、ヒメコマツ稚樹等々、林床を覆う。IMG_1593.JPG


1164P西の鞍部。IMG_1599.JPG


山頂南側は、素敵な小笹の広場。IMG_1624.JPG


古い倒木脇を下る。IMG_1643.JPG


帰路。所々でイワカガミが群落。IMG_1659.JPG


帰路。門状の木立の間を通る。IMG_1661.JPG


根がコブ状。IMG_1663.JPG


ミズナラ巨木と落し物の無線機。IMG_1671.JPG


ヒノキの倒木。IMG_1680.JPG


大木の間を通る。IMG_1693.JPG


ツガの倒木。IMG_1696.JPG


同上。IMG_1697.JPG


垂涎のスポット。IMG_1701.JPG


同上。IMG_1702.JPG


小笹の林床のツガの疎林。IMG_1717.JPG


同上。IMG_1719.JPG


木曽川右岸林道に出る。IMG_1761.JPG








この記事へのコメント