荒倉 810M 八幡(上ヶ瀬) 山系・能郷白山>平家岳 2019.11.3.

IMG_5371.JPG
鉄塔220から荒倉。


IMG_20191202_0002.jpg
起点(門原川、荒倉谷出合東の464P/バス旋回場)・911>933・下谷470mの二又(鉄塔219巡視路起点)>957・関電新北陸幹線鉄塔219・1002>1029・鉄塔220・1037>1100・749P・1105>1225・750mの伐採地・1301>1310・802P>1330・4等三角点荒倉809.8M・1337>1425・鉄塔218巡視路起点(下谷林道)>1446・起点



 荒倉は、板取の名山蕪山が、門原へと北に分派した尾根から東へ枝分かれし、ゴンニャク1095.3M(点名・和左谷)へと続く尾根にある。
 この山は、門原から南の下谷へ入り、左回りで周回した。起点は、門原川と荒倉谷出合東のバス旋回場。門原のかかりで左の実線車道に入り、途中、南の下谷へと分派する林道に入ると、谷が南から南西へと向く所で、東の鉄塔218への巡視路が分派。帰路はこれを下ってくることにして、なお下谷を遡ると、まもなく送電線下で西へ下谷を渡る鉄塔219への巡視路が分派。
 美しく色づいた自然林の中、送電線下にこれを辿ると、やがて鉄塔219で大きく開け、下谷の対岸、東に802Pと馬の鞍状を成した荒倉が全姿。美奈子ちゃんは尾根をそのまま登ったが、ぼくと女房は、西の谷を渡って鉄塔220へ。東に荒倉、西に日永岳、ドウの天井、滝波山と、大展望の鉄塔220からは、東ヒノキ林、西自然林で尾根を南へ登り、途中ヌタ場の先で美奈子ちゃんと合流すると、やがて植林の中で749P。
 ヒノキ林の中、南へ棚状に辿り、中急登すると800mで棚。ここから踏み跡を拾って右山で東進し、垂涎の自然林の中で尾根に乗ると、東北東へゆるゆると下った。間もなく北、下谷側がヒノキ林となると、795mの凹地にヌタ場。780mの棚から南、岩本洞側が伐採地となって大きく開けると、岩本洞流下する先に高賀山。下谷470mの二又へとヒノキ林の尾根を北に分派し、東進すると784p。
 なお伐採地を右にして、棚状の尾根を東進すると、南東へ小尾根を分派するコブで南に続いていた伐採地が漸く終わり、南自然林、北ヒノキ林で東北東へゆるゆると下った。740m辺り、棚を東北東へ延々と辿ると、北下谷側が伐採地となって、710mで鞍部。北伐採地、南自然林で東へ登り返していくと、途中、北に展望の750m地点で昼食。いつもそうなのだが、正午を過ぎるとふたりとも、まるで欠食児童のように殺気立ってくるので、困ったもんだ。
 なお北伐採地、南自然林で尾根を東へ登ると、自然林真っ只中で802P。尾根を北へ入ると、ブナ交じりの自然林の中、780mで鞍部。窺うと、東わずか下方に送電線の巡視路と思しきものが並行していた。登り返しは、垂涎の自然林の中、林下にはアセビ稚樹が群落。広い尾根の東側には美しい凹地が並行し、二重山稜を形成するその東側の尾根には巡視路。4等三角点荒倉809.8Mからは東の鉄塔へと開けていたが、立ち寄ることもせず、尾根を北西に下り、780mで棚となると、右後方、鉄塔からの巡視路に出た。
 棚が北へ向くと、コンパスを出したまま西へ。北がヒノキ林となって現れた尾根を西へ下ると、690mで林道を横断。675mで左から戻ってきた林道を横断し、北西へ尾根を分けて、北ヒノキ林、南自然林で尾根を西へ下ると、645mからは全面ヒノキ林。630mの棚から北へ下ると、鉄塔218の南で鉄塔219への巡視路が西へ分派。ここで尾根を離れ、急斜面にこれを辿ると、朝と通った下谷の林道に出た。


IMG_5412.JPG
伐採地を784Pへ。


IMG_5428.JPG
同上伐採地から、岩本洞流下する先に高賀山。


IMG_5448.JPG
来し方には蕪山。


IMG_5489.JPG
昼食ポイント。後方は滝波山。その手前は3等樋谷。


IMG_5524.JPG
三角点荒倉南の凹地を行く。


IMG_5539.JPG
帰路。ブナ林を下る。


IMG_5561.JPG
下谷を出て、門原川を遡る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えみちゃん
2019年12月04日 10:56
暫くブログの更新がお休みでしたので心配していました。荒倉へは11月15日に行ってきました。レイさんの記録の道を行きたかったのですが、なにせ毎日が杖と共にの生活ですのでいつものインチキ歩きで門原川側から上がっている林道を利用しました。僅かな道のりでしたが後半半分位自然林が楽しめました。9日には高鷲の西洞849.2へ火葬場前から行きましたがチョット良かったです。
これからも楽しみにしています。
float cloud
2019年12月04日 18:02
お久しぶりです、えみちゃん。
コメント、ありがとうございました。
もういい年なのに、歩いて10分ほどの所に新築し、
11月1日から自分たちだけで、ずーっと引っ越しをしていました。
使え果てて、ブログどころではありませんでしたが、
山だけは欠かさず登っていました。
荒倉、ニアミスでしたね~。残念!
レイさんの記録、調べてもわかりませんが・・・教えてください。
11.9.は、岩本洞から蕪山でしたが、これは美しい自然林の周回でしたよ。
翌週の11.16.は、門原の奥、三洞北の4等三洞。これは荒倉谷の東、上津谷の周回途中に踏みましたが、これもなかなか良かったですよ。
ただ、下山してきたら、パンクしていてまいりました。
だって、ハスラーにはスペアータイヤ、装備されていないんですもの。
11.23.は、東倉見。これは、レイさんの記録をトレースした再訪でした。
11.30は、半中抜きの半中。これは、越谷を748P,917P,493Pと周回しましたが、これもレイさんたちの記録の良い所だけを泥棒しました。
これらの記録は、これから毎日アップしていくつもりです。
西洞には、今度の日曜にでも行こうかな、と思います。
いいこと教えていただいて、ありがとうございました。
近くに来られたら、是非、お立ち寄りください。
仕事は10.31.に止めたので、ご来訪のせつは、ミルで豆をひいた美味しいコーヒーを御馳走しますよ~。
えみちゃん
2019年12月04日 20:10
レイさんのコースは、やまだよねえの中にキッタ洞から蕪山が有り荒倉を経由しておられます。荒倉へは巡視路を利用しておられ自然林の中を行けそうに思いました。暫くは行き溜められた記録が拝見出来るんですね。私にはもう行けそうにないとこばかり。floatさんレイさん健脚すぎ。いやいや私が軟弱でした。
float cloud
2019年12月05日 10:03
おはようございます、えみこさん。
ありました。
ありがとうございました。