ヒリクロ 849M 3等西洞 白鳥(大鷲) 山系・鷲ヶ岳 2019.12.8.

IMG_6727.JPG
カヤトに踏み跡を辿ると、山間のこんなのどかな出作り田に出た。仰ぎ見れば上空に、日本一高い橋脚の、東海北陸自動車道の鷲見橋。


IMG_20191210_0001.jpg
起点(林道向正会線起点/高鷲斎場北西約200m)・900>909・林道終点(尾根取り付き)>1046・820mコブ・1050>1124・3等三角点西洞849.4M・1208>1302・車道出合・1304>1319・起点


 ヒリクロは、鷲ヶ岳を源頭とする鷲見川と、長良川の出合へと、上野高原から南西に落ちる尾根にある、典型的な低山で、コナラ、ミズナラ、アカマツ等々の明るい雑木林が広がっているが、ブナも少しある。
 この山は、えみちゃんから教わったが、ルートまでは教わらなかったので、独自ルート。前述の出合から鷲見川に入り、間もなく分岐を左に入ると、鷲見川に架かる上野(うわの)橋。この橋の北詰、東約100mの分岐を左、林道向正会線に入った所が起点。
 スギ林の中、これを右山で西へ、南へと辿り、終点からなお巻いて、自然林の中、長良川、鷲見川出合に落ちる尾根を西へよじ登って稜線に出ると、棚状の尾根を北へ、北東へと辿った先で、右後方からの窪んだ道に出た。もしかしたらこれは、かつて上野や蛭ヶ野へ通った道か・・・。尾根線に絡んで続くこれを辿り、740mコブは左山で巻いてしまうと、710mで起点へと落ちる谷の広々とした源頭鞍部となった。
 先行していた美奈子ちゃんは、ここから東へと広い尾根を登ったが、ぼくたち二人は、右山でそのまま窪んだ道を辿り、そのうち西側が断崖となると、樹間に高々と大日ヶ岳が現れた。750m辺りで東からのスギ林のサコへと入って行く窪んだ道から離れ、ヒノキ林の中、曖昧な尾根を北東へ、斜面を東へと登ると、コナラ、ミズナラ林の中で南東へ棚となった。そこは、一面の雪となっていたが、一本のコナラにナメコ。もちろん採取。815mで窪んだ道が南から戻ってくると、それが元の尾根で、これを辿ると、820mコブで待っている美奈子ちゃんと合流した。
 明るい雑木林の中、南から出合う小尾根との間が、滑らかな落ち葉の林床の美しい斜面。「この山は、少し良かった」、とえみちゃんが言っていたが、彼女の表現が、何時も控えめだということが、これで良く分かった。
 窪んだ道は840mコブも右から巻いていて、疎な小笹の現れた尾根を南東へゆるりと下ると、美しく台地が広がった所で、南へ尾根が二条分派。東側のものを帰路として、北東、山頂へと向かうと、左曲、右曲して登り詰めた道脇に、3等三角点西洞が、ひっそりと埋まっていた。窪んだ道はなお続いていたが、南へ降りた棚で、昼食とした。
 帰路は、分岐まで戻ると、西に尾根が並行するのを見ながら、明るい雑木林の尾根を南へ。その右の尾根がそのうち消滅すると、800m辺りから棚状に続き、790mで棚が終ると、尾根が二分。ここは南へ尾根を分け、南西に入ってゆるゆると下ると、東がカヤトとなって南へ。740mで南へと落ちる谷身に降り立ったが、これはそこから下流側が、激しく抉れてうねり落ちており、下降は困難であった。
 左岸の崖っ縁、カヤトの下に続く踏み跡を辿ると、農作業小屋が点在し、のどかに田が広がる中で車道に出た。振り仰ぐと、上空に高速道路の橋が架かっていた。橋脚の高さ日本一の118m、鷲見橋であった。


IMG_6601.JPG
尾根を西へ登り、稜線に出る。


IMG_6634.JPG
一面雪であったが、ここで一本のコナラの幹にナメコ。もちろん採取して、820mコブへ。


IMG_6656.JPG
南から出合う小尾根との間が、滑らかな林床の美しい斜面。


IMG_6669.JPG
840mコブ南東。右へ帰路の尾根が分派。


IMG_6679.JPG
山頂へも窪んだ道。


IMG_6683.JPG
山頂の佇まい。


IMG_6696.JPG
帰路分岐。


IMG_6700.JPG
帰路分岐の台地を下る。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えみちゃん
2019年12月10日 17:57
こんばんは。早速行かれたんですね。3枚目の写真の所綺麗でしたね。私は斎場前の尾根を北へ進みました。逆t字の尾根の繋がり後の山肌の紅葉も良かったです。少し急でしたが。植林や伐採木で歩きにくい所が有ったりとで私のコースはやはりチョット良しですね。先日の三ツ洞何とかいきたいと思っています。板取はもう雪かしらん。


float cloud
2019年12月10日 19:49
えみこさん、いい山、教えていただいて、ありがとうございました。
この日、前日に広範囲に降雪があったようで、雪が所々でありましたが、
今週は、季節が逆戻り、11月並だとか・・・。
高鷲も板取も、あのくらいの山に、雪はないのではないでしょうか。
上津谷源頭稜線は、冬枯れの、明るい疎林で、素晴らしいと思います。
またいい山、教えてくださいね。