上小田山 300M 4等 美濃加茂(土岐) 山系・恵那山>焼山 2020.1.30.

IMG_8009.JPG
馬頭観音の前を、実線の旧道を行く。


IMG_20200205_0002.jpg
起点(六地蔵北西の旧道分岐)・1314>1325・中電駄知分岐線鉄塔1巡視路起点>1329・鉄塔1>1351・鉄塔2>1359・4等三角点上小田299.8M(鉄塔3)・1408>1415・団地北西端・1445>1500・林道分岐ゲート・1504>1513・石碑群(290mコブ)・1515>1534・268P>1540・東山霊園分岐>1548・東山霊園東端(中電下石瑞浪線鉄塔12)・1552>1603・鉄塔11・1607>1612・起点


IMG_20200205_0001.jpg
25000分の1「土岐」(H.8.3.1.発行)


上小田山は、土岐市肥田町と同駄知町とを境界付ける丘陵で、肥田川の支流操(そぶ)川の源頭稜線に、4等三角点上小田299.8Mが、埋設されていて、標高は、295.5Mであったが、フラワータウン造成の折、平成7年に現在の地に移設された。点名の「上小田」は、瑞浪市の地名であることから、昔は土岐、瑞浪境界が、現在とは異なっていたのかも…。
 この山は、前日の1.29.、ウォーキングの延長のつもりで14時45分、藪山装備をせず、操川畔の六地蔵を起点に入山し、中電下石瑞浪線の鉄塔11、12を経て瑞浪境界に出ると、右回りで操川源頭稜線を辿り、最後は、中電駄知分岐線の鉄塔2,1を経て16時55分、かろうじて起点に舞い戻った。
 と言うことで記録が出来ず、この日、万全の装備をすると、逆回りで周回したが、途中、4等三角点上小田を往復。林道分岐ゲート、団地間を除けば、瑞浪市側は植林であったが、土岐市側は、美しい雑木林で、境界には立派な道が付いており、ヨキトギ洞右岸の東山霊園、瑞浪市境間には、美しく落ち葉で覆われた林道並みの道が付いていた。


IMG_8007.JPG
六地蔵の前を通って、実線の旧道を行く。


IMG_8020.JPG
中電駄知分岐線の鉄塔1から2へ。


IMG_8044.JPG
4等三角点上小田(鉄塔3)から瑞浪市境の堀越方面を眺める。


IMG_8045.JPG
4等三角点上小田から鉄塔2へ。


IMG_8049.JPG
団地フラワータウン北西端に出る。奥に鉄塔2。


IMG_8056.JPG
団地の北端から美しい雑木林の中、林道を行く。


IMG_8066.JPG
290mコブには石碑群。


IMG_8068.JPG
290mコブから瑞浪市境を行く。


IMG_8077.JPG
瑞浪市境から東山霊園へ。


IMG_8078.JPG
同上。


IMG_8083.JPG
東山霊園に出る。


IMG_8086.JPG
霊園北端の中電下石瑞浪線鉄塔12脇に、風化が激しい石仏。


IMG_8091.JPG
霊園から鉄塔11への巡視路を行くと、ヨキトギ洞(背後)に差し掛かる。


IMG_8099.JPG
鉄塔11から起点へ。


IMG_8101.JPG
起点の旧道分岐。奥に六地蔵。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント