安ノ平 214M 4等 明智(小渡) 山系・茶臼山>段戸山 2019.1.20.

画像
中電の送電鉄塔からは本城山国有林の歩道を行く。


画像
起点(百月発電所南東約400mの破線起点)・1002>1027・送電線巡視路出合>1045・本城山林道出合>1114・中電東部幹線鉄塔159(250mコブ)・1119>1138・286P・1143>1218・4等三角点安ノ平214.0M・1319>1345・下山口(K365網平旧跡)


 安ノ平は、足助は月原(わちはら)の山で、阿摺川右岸、矢作川との出合へ尾根を落とす低山である。4等三角点安ノ平より北側が矢作川の川岸まで本城山国有林ということで、鬱蒼とした常緑照葉樹林に覆われている。
 それでこの山は、大字百月(どうづき)字下百月の矢作川対岸、大字月原字丸山南東の破線起点、すなわち字月原とを結んだ峠の起点を起点に、峠を登って本城山林道を横断し、送電線巡視路で国有林境の鉄塔、国有林の歩道で286Pを経由し、登頂。帰路は少し戻った220mコブから愛知県農林公社の造林地の尾根を北西へ、西へと下って、網平旧跡の石碑が立つ支谷出合(上川口梨ノ木97P南南東約200m)でK365に出た。
 この山もまた、地元のやまねのねさんに教わったが、ルートはもちろん、独自ルート。そうでなければ、なにものにも束縛されない、あの自由で楽しい登山ができないからである。
 この日は生憎の雨模様。それで池島のマッサンの山小屋風の自宅で待機。あまりに楽しい小屋なので、山登りに来たことを忘れそうになったが、霧雨状になったところで出発。下山時も雨、となることを考えて、車一台を下山口にデポ。本城山林道を使って山懐に入ることも一案であったが、さいわい雨は止んだので、予定通り峠を登ることにして、本城山国有林の案内板が立つ支谷出合、破線の起点から左岸の治山運搬道跡に入って歩き始めた。
 間もなく小さな谷止めを越すともう道はなく、しだいに倒木が多くなった。二又は右に入り、次の二又も右に入ると、連続する二又で自然林の尾根に取り付いて西へ登ったが、左は破線が付いた谷であった。棚状の尾根で送電線を潜ると、南へ下った鞍部で中電の巡視路に出た。馬の鞍状のコブを東へ越すと、深々と抉れた鞍部から左山で南東へ。間もなく左岸に延長された本城山林道に出ると、これを左に辿ったわずか先で、南南西から出合った支谷へ巡視路。だがこれはわずか先の丸木橋で左岸に渡ると、忽然と消えた。窺うと、谷奥は倒木帯。ここで尾根に取り付いて自然林の中を南へ登ると、250mコブで中電東部幹線の鉄塔159に出た。
 以降、断続的に霧雨が降ったが、本城山国有林の鬱蒼とした常緑照葉樹林の中、尾根線に防火帯のように続く、幅広の歩道を、時々立ち込める霧にはしゃぎながら辿った。「大寒なのに大汗かいたわ・・・」と女房。「ゆうこちゃん、それ座布団二枚ね!」、と美奈子ちゃん。
 やがて本ルート最高点の286P。西進すると、260m棚で歩道は尾根を離れて斜面を南へ。ここがルートファインディングの核心部であったが、国有林の歩道に助けられ、また美奈子ちゃんの山勘に助けられ、これに入って下ると、240m棚南端から230m棚を西進。途中、南へ尾根を分派すると歩道が消え、尾根線がベルト状に伐採されていた。それも棚西端で終わると、藪っぽい尾根を南西に下り、やがて帰路分岐の220mコブを西南西に越すと、わずかに盛り上がってコシダが群落するコブに、4等三角点安ノ平が見つかった。西の鞍部は落ち葉の小広場。雨も上がったので、ここで昼食。
 帰路は、220mコブから北西へ愛知県農林公社の造林地の藪っぽい尾根を下り、190mの棚端から尾根を西へ下ったが、これは北側が鬱蒼とした常緑照葉樹林、南側が丈低い植栽地であった。105mの二又で谷身に出ると、西へ小さな谷止めを越した先で、K365に出た。南約100m先が、第二の車デポ地。山際に、石碑「網平旧跡」があった。
画像
小谷止めを越すと、尾根に取り付く。
画像
断続的に降る霧雨の中、しっとりとした自然林の中を登る。
画像
根剥き出す木立脇を行く。
画像
鉄塔からは、国有林の鬱蒼とした森の中、防火帯のような幅広の歩道を行く。
画像
286Pから西進。
画像
4等三角点安ノ平は、群落するコシダの中に。
画像
雨も止み、西の鞍部で昼食。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまねのね
2019年01月28日 18:45
冬には珍しい小雨の中を、独自ルートのみなさん、お疲れ様でした。でも、雨で濡れた照葉樹林は、しっとりとして、存分にその良さを味わえたことと思います。
マッサンの家も、いつか、お邪魔させて頂きます。
私も、小さいですが、三代目の小屋づくりをしています。春には完成です。
2019年01月29日 12:16
最後、西へ下ったのは失敗でした。そのまま北西へ、鞍部へと下ればよかったのかも・・・。国有林の真っ只中でしたから・・・。それにしても、本城山国有林の面積は小さいですね。案内板によれば、近辺の国有林は、さらに小さいようで、残念です。