袖山 990M 妻籠(南木曽岳) 山系・空木岳>安平路山 2020.5.24.

IMG_2646.JPG
起点の島の橋が近づくと、田んぼの向こうに南木曽岳。


IMG_20200527_0001.jpg
起点(島の橋東詰/646P東)・835>914・関電須原大井線鉄塔22巡視路起点>944・鉄塔22・948>1023・鉄塔21・1034>1058・鉄塔20・1100>1115・4等古天庵952.5M東930m鞍部(林道出合)>1137・鉄塔18巡視路起点>1144・鉄塔18・1246>1454・根の上峠頂上・1500>1535・らんかん橋東詰・1543>1605・阿弥陀堂>1619・起点


 柿其は十二兼で木曽川に出合う谷は、天王洞と称し、源流一帯は、なだらかで高原状を呈している。ここは、柿其、与川、いずれからも山稜の裏側となることから、袖山と呼ばれ、なだらかな地形を利用して、牧場が拓かれた。この袖山990mコブは、天王洞右又の源頭の一角を成し、そこに建設された送電鉄塔脇からは、中央アルプスへと広大な展望が広がっている。
 この山は、既に一度、2019.12.21.に訪ねているが、今回、ルートを変えて、坂本平から送電線巡視路を辿って訪ねると、帰路は、根の上峠へ出て、中山道を与川側に下った。
 起点は、須合平南西、646Pを西詰とする島の橋東詰。脇を中仙道が通る所であった。与川右岸の車道を下り、白山神社、古典庵跡の南を掠めると、間もなく山手に集会所「与川分館」。ここから集会所の広場を西進し、実線車道の右曲点に出ると、北東約100m先、山手へ関電須原大井線鉄塔22への林道が分派。これに入り、右曲した先、南尾根の末端で左曲点となると、東へ巡視路が分派。
 これを辿って、4等古天庵952.5M東の鞍部、日向平で林道に出たが、巡視路は、概ね自然林の中、かつて与川と野尻、あるいは十二兼とを結んだ古道をトレースしており、途中、通過した3基の鉄塔のうち、22と21の鉄塔からは、南の南木曽岳へと大きく展望が得られるナイスなルートであった。
 目的地は、鉄塔18が建つ990mコブ。送電線下、稜線に延びる林道を辿ると、目的地の北に並ぶ二つの990mコブ間の鞍部へと、鉄梯子で巡視路が分派しており、林下にヤマツツジ、レンゲツツジ、オトコヨウゾメ等々、咲く美しい自然林の中を南進すると、鉄塔18脇で990mコブとなったが、生憎、雲低く、中央アルプス主稜は望めなかった。ここで昼食。
 帰路は、大桑、南木曽の境界にルートを採ることにしていたが、窺うと、稜線はアカマツで、北面は中木にまで育ったヒノキ植栽地とあって、引き続き林道で根の上峠へ。途中、袖山牧場からの道と出合う三叉路手前、撤去されているべき巡視路標柱に誘い込まれ、二つの1000mコブ間からショートカットを試みたが、北面の谷全体が、満開のヤマツツジ点在する美しい皆伐地。984P南西で林道に復帰すると、984P南尾根を回り込んでからは、南側の谷全体が伐採地となっていて、至る所で中央アルプスへと大展望。歩みは遅々として進まなかった。
 根の上峠は与川側へとヒノキ林の中、中山道を下り、里に出てからもらんかん橋を経て、阿弥陀堂へ須合平の田園地帯の中、中山道を辿ったが、阿弥陀堂からの中山道は竹林の中、桟橋が連続するとあって、南の橋で与川を右岸に渡ると、路傍に石仏を見ながら実線の車道を辿って、起点に戻った。


IMG_2326.JPG
ここが起点の島の橋。バス停「島の橋」もある。


IMG_2333.JPG
もちろん、与川左岸に中山道を下っても良いが、右岸の車道を南木曽岳眺めながら下る。


IMG_2360.JPG
祠から南尾根に取り付いて登る。


IMG_2365.JPG
南尾根に絡んで登る。


IMG_2379.JPG
鉄塔22。背後は南木曽岳。


IMG_2386.JPG
背後、左に高曽根山。


IMG_2393.JPG
登るにつれて南木曽岳が起き上がる。里は、小川野平。


IMG_2400.JPG
与川峠、南木曽岳間の3等は平兵衛沢1437.0M。手前は、4等南沢976.1M。


IMG_2417.JPG
鉄塔21から南木曽岳。


IMG_2450.JPG
ヤマツツジ咲く中、4等古天庵952.5M東の鞍部へ。


IMG_2489.JPG
鉄塔18脇から中央アルプス。左は糸瀬山。その右手前は、2等長野1112.1M。


IMG_2502.JPG
レンゲツツジ咲く脇を、鉄塔18巡視路起点へ。


IMG_2506.JPG
二つの1000mコブ間の990m鞍部へ。そこで、撤去されているべき巡視路標柱に誘い込まれ、桃源郷のような皆伐地へ。


IMG_2513.JPG
その皆伐地の谷の左岸尾根を眺めながら、右岸尾根を巻く。


IMG_2515.JPG
その右岸尾根。


IMG_2548.JPG
林道脇に咲くフジ。


IMG_2561.JPG
雲がしだいに上り、アザミ岳(三又山)が現れる。手前が大桑、南木曽の境界尾根。


IMG_2582.JPG
林道は、所々で中央アルプスへと展望が広がる。


IMG_2590.JPG
根の上峠頂上。中山道で与川へ。


IMG_2622.JPG
上山沢を中山道で遡る途中、路傍にコケイランが咲く。


IMG_2626.JPG
上山沢に架かるらんかん橋の袂(東詰)で憩う。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント